40歳から介護保険料を支払う年齢になります

若者がお年寄りを騎馬 節約について

以前から40歳ってなんか節目って感じがしています。

40代男性
40代男性

俺もついに大台に乗りましたよ~

なんて会話もよく耳にします。

そして40歳から健康保険料と一緒に介護保険料が給与から天引きされます。

私と同世代の方なら、自分の介護の事は正直ピンと来てないと思います。
高齢者の負担を軽減する為って事は何となく知ってはいるのですが。

それ必要?って思われるかもしれませんが、税金ですから仕方ないですよね。

せめて税金を搾取される側として、その内容を理解しておいた方が良いでしょう。

知らなきゃ、制度をフル活用出来きませんからね。

厚生労働省HPで詳しい内容が見られます。

今回参考にしたサイトはこちら

スポンサーリンク

65歳以前でも受ける事が出来るサービス

※ここでは第二被保険者の場合について述べていますのでご了承ください

もし40歳~64歳の間に末期がんや関節リウマチ等の老化の病気が原因で、要支援・要介護状態になった場合もサービスを受ける権利があります。

介護って高齢者ってイメージがありますが、働き盛りの私達世代にもちゃんと恩恵は受けられるようになっているんですね。

スポンサーリンク

行政は制度の内容を大々的にアナウンスしない

父

50代の息子が リウマチで働けなくなったんだよ。

孫の教育費や住宅ローンの支払いもあるのにな~。

母

介護保険制度の手続きしているから大丈夫よ。

でも、こういうのって知らない場合、病院側が教えてくれるのかしら?

行政側は前もってアナウンスしないと思いませんか?

更に、変更になっても大々的に教えてくれないんですよね。

これは以前から不思議だなと思っていました。

知らないと知っているが大きな差を生む

私も今後給与から天引きされる介護保険料ですが、内容を知る事で納得できました。

所得に応じて収める金額は異なりますので、人によってはお得な行政サービスと捉えられるかも知れません。。

今のところ財源がと都道府県・市町村で半分残り半分を第一被保険者と第二被保険者の介護保険料で徴収されます。

コロナ後は介護保険料の見直しもされると思いますので、今後どうなるかは分かりませんね・・・・。

出来るだけ要支援要介護のお年寄りが増えない様に政府が健康増進を呼びかけるのも納得です。

生きていれば必ず老人になるのですが、相互扶助のバランスが崩れつつある日本で頼れるのはやはり自分の健康と余裕ある資金ではないかなと。

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ブログ村参加しています。
下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです♬

じみOL日記 -

にほんブログ村 OL日記ブログ アラフォーOLへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

節約について
スポンサーリンク
jimmyをフォローする
スポンサーリンク
じみOL日記

コメント

mineo(マイネオ)

タイトルとURLをコピーしました